丸まった針の先に視線を向ける

丸まった針の先に視線を向ける

藝大在学中に生み落とした文章や想い達 かわいいかわいい我が子

書評 クズの本懐 

 

 

今回は以前書いた、スクエアエニックス出版の漫画

クズの本懐」についての書評を掲載します

 

とても面白い本なので、ぜひ合わせてお読みください。

 

 

 

「温度よ、想いよ。」

 

品行方正な美男美女のカップルとして、周囲から羨望の眼差しを浴びている二人。主人公である安良岡花火と粟谷麦、17歳。「理想」のカップルである二人はある秘密を共有していた。

「私たちは付き合っている でも好きな人がいる お互いがお互いの かけがえのある恋人」

物語の冒頭25ページにも満たない場面、花火の言葉として描かれた。お互い別に好きな人がいる。花火は幼なじみであった国語の教師に、麦は以前家庭教師の先生だった音楽の教師に思いを抱いている。叶わない思いを持ちながら二人は付き合い、花火と麦は互いの好きな人を互いに投影させることで想う相手に触れることを可能にした。

 横槍メンゴのコミック「クズの本懐」(スクウェア・エニックス出版)では、人間の生々しい感情が繊細な絵と綺麗な言葉で描写されている。物語が進むに連れ、二人を取り囲む人間関係はより複雑に絡まり合う。花火が思いを寄せる先生は、麦が思いを寄せる先生のことを好きになり、麦を自分の王子様だと言い張る鴎端モカ(本名:鴎端のり子)も登場する。さらに花火の親友のえっちゃんは花火をずっと好きだったと告白し、花火はその触れられた熱にまんまと満たされてしまうことになる。

 ある朝、空がとても青いのに反して、花火は少しの頭痛と憂鬱な気持ちを持ちながら学校へ重い足を進める。後ろから声をかけられ振り返ると見覚えのない顔がある。以前告白されて答えを渡していなかった人だとゆっくり思い出す。その時すぐに返事をしなかった自分を、若干恨みながら、面倒くさそうに口を動かす。花火の「ごめんなさい」の言葉に相手は泣きそうな表情に変わる。泣きそうなくらい私のこと好きなのか、と感じながら更に言葉を放つ。

「興味のない人から向けられる好意ほど気持ちの悪いものってないでしょう?」

あまりにも残酷な言葉を突きつけられた相手はその後、顔の描写がされていない。また、その状況を見ていた花火に対して好意を寄せる別の男性が「心優しいなぁ…未練の残らないようあえてはっきりと…」とつぶやいてしまうところからもこの物語の狂気的な一面が垣間見える。

 登場人物たちの、得られない相手に向けた愛欲がこの物語を動かしている。ここで見られる愛はアガペーではなく限りなくエロスに近い。彼女たちは見返りを求めている、愛する相手から与えられる愛を、快楽を求めている。「報われない恋 切ない恋 片想い それってそんなに美しいものですか」花火はそう問いかける。読者はNOという答えしか求められていない。ただ好きなのだ、それが彼女たちを狂わせるようになってしまっただけで。大切に大切に握りしめ、貴重な氷を溶かしてしまった昔の誰かの話みたいだ。掴みきれないものを掴もうと力を込めるが故に、余計に速度を増し、水になってしまった氷のように愛情はこぼれてゆく。

 好きな相手を投影させ、別の誰かの体温に身を委ねる。触れられて初めて自分の形がわかると花火は言う。温度は安心を与え、この世界で自分が一人きりではないと否応なく実感させる。好きな人に見立てた麦に抱かれた花火は、母親に抱き上げられた赤ん坊のようだ。人の熱に甘んじ、ふと下されると温度を失い、何がそんなに嫌なのか分からないほど泣きわめく子供の姿に変わる。誰かに触れられないと彼女の存在は無になるのだろう。しかし、また抱きあげられることで、落ち着きを取り戻すが、根底は動かない。彼女の恋は報われず、花火の周りには感情はなく、ただ温度がある。

 人間は「不完全で欠落のある男性・女性」であり「失われた半身」としての異性を地上界で探し、性的な結合を以って、イデア界に存在する完全なる「自己のイデア」に近づくことが出来る、とプラトンは唱えた(イデア界の人間は4本の手、4本の足、4つの目、2つの口…を持っていたらしい、それが完全なる人間であるという説だ)。もし「完全なるイデア界、完全なる自己」の理想が今、現世に存在していなくとも、私たちは愛を、結合を求めるのだろう。そして欲求は永遠の悩みとなるだろう。

親から与えられていたような無償の愛を私たちもまた誰かに与える日が来て、それまではただ情慾の衝動と付き合うことになる。物語はまだ続いており、誰かが結ばれれば誰かは1本の糸に終わる。すべてが満たされることはない。すべてが満たされると思っている人も、もしかしたらいないのかもしれない。叶えられないから追うのだろうか、いや、ただ追いかけることはそんなに美しくない。美しく語ってはいけないのだろう。

 

 

 

 

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)

 

 

お読みいただきありがとうございました

今現在は、新刊も出ており内容もずいぶんと進んでおります。

 

物語が完結したら、また書かせていただきたいと思います。

少しでも面白いと感じたり、興味を持っていただけましたら、を押して応援お願いいたします。

 

今後もよろしくおねがいします⭐︎

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 大学生日記ブログへ