丸まった針の先に視線を向ける

丸まった針の先に視線を向ける

藝大在学中に生み落とした文章や想い達 かわいいかわいい我が子

芸術

さびしすぎてレズ風俗にいきましたレポ を読んだ

永田カビさんの著作「さびしすぎてレズ風俗にいきましたレポ」を読みました。 書評とまではいきませんが、一筆描きました。 ぜひご一読ください。 【苦しみを抱っこ、人に抱っこ】 10年間、ずっと息苦しさを感じていた。摂食障害や鬱と付き合いながら、自身…

W3[ワンダースリー]MANGA Perfomance 劇評

2018.2.9-3.4 DDD青山クロスシアターにて上演された 手塚治虫 生誕90周年記念MANGA Performance W3(ワンダースリー) の劇評を書きました。 【想像で宇宙を超える】 しとしと、ザーザー、ポツポツ。単純な言葉の繰り返しで、私たちは窓の外がどうなっている…

劇団フェリーちゃん 旗揚げ公演「Ma les me Role」 劇評

僭越ながら、先週観劇した舞台の劇評を書かせていただきました。 ご一読いただければ幸いです。 劇団フェリーちゃん 旗揚げ公演「Ma les me Role」 躍動する身体と言葉、そして意志が、密な舞台に広がっていた。 新宿眼科画廊 スペース地下にて2017年5…

野田秀樹 赤鬼 劇評

今回は以前執筆した、野田秀樹さんの赤鬼についての劇評を掲載いたします。 赤鬼 初演は1996年、現在は映画館になっているパルコパート3のスペースで行われた。90年代、夢の遊眠社を解散してイギリス留学した野田秀樹が帰国後、新しく作った演劇集団NODA…

絵の描けない芸大生もいるよ 東京藝術大学

私は藝大生ですが、絵が描けません。 小学校で毎年やっていた夏休みの絵の宿題は6年間全部佳作でした。 花火を書いてもお祭りの風景を書いても、海の絵を書いても佳作でした。 大賞ではありませんが、選外でもありません。本当にそこそこでした。 私の在籍す…

東京藝術大学 卒業・修了制作展 藝大だから

私の在籍する 東京藝術大学の卒業・修了制作展が開催中です。 1月31日まで、東京芸術大学の敷地内、大学美術館、東京都美術館で行われています。 昨年、今年は、藝大のメディア露出も多く、本も話題となりました。 上野キャンパスの門の前で、取材を行う…

ピコ太郎と人魚

ピコ太郎と人魚 最近急激にブームとなったピコ太郎、そこに何か既視感のようなものを感じました。 よくよく考えてみると…既視感の元は人魚でした。 ピコ太郎と人魚、近しい点はなにもなく、ほとんど別のものとして、それぞれに魅力があります。 私が既視感を…

背伸びした生活の中で生まれるもの

こんにちは ハリ と申します。 私は今、東京藝術大学 先端芸術表現科に在学して作品を作っています。 文章を書くこともたくさんあります。 作っている作品の分野としては現代アート。最近は映像を主な表現媒体としています。 現代アートというと、微妙なリア…

にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 大学生日記ブログへ